煌めく光の中で


by fusk-en25
f0221050_07053259.jpeg


何度もトライしている「ミヨードの巻パン」
お手本の写真ようには焼けなくて。。いつもがっかりする。

このところ。食パンも丸パンも自分でも驚くほど美味しく焼ける。
では、巻パンもと。。。またまたトライすることにした。
ホームメイドのパン焼き器を使うのには粉の最低量が450g必要で。。
全部巻パンにするには分量が多すぎる。
なら。。パン生地の3分の1は
これも念願だけで作ったことのないイースト種のドーナツを揚げてみることにした。

協力粉を450g。卵2個に牛乳を200cc。砂糖40g。イーストを小さじ2。
もちろんイーストは予め活性化させて。。機械に入れた。
1次発酵だけやって、成形して2次発酵はオーブンで行うのは食パンと同じ。

クッキングシートにドーナツを並べたら、一つ丸パンが余ったので。
巻パンの型の中に入れた。
試行錯誤の「巻パン」
味はよくても相変わらず、形の不細工な「巻パン」しかできなかったが。。
まあ良しとしよう。

ドーナツをのせたクッキングシートを揚げやすいように切ったら。。
まるでジクソーパズルのような形になった。
油を160度に熱して揚げる。
ドーナツは思ったより軽くて(軽すぎて)
なんとなくフワフワなお菓子の感じで、ドーナツ本来のイメージではなく。。
これも再試行の余地あり。。でした。


f0221050_07055919.jpeg

f0221050_07054655.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-24 07:12 | ままごと | Comments(0)

蓮根を揚げて。。

f0221050_08000706.jpeg

f0221050_07595482.jpeg

まだほんの少し日没の赤みの残っている空に。。
三日月が見え出した。。あと小一時間も経つと、月の入りの時間が来る。
この時間の三日月はほんのりした空にくっきり見えて。。美しい。
できれば。。三日月の下の方に見える競技場の電灯が。。
邪魔になるんですけど。。決していただくわけには。。なんて言ってみたい。
競技場のざわめきが。。全くなくて静かなところを見ると
きっとサッカーや陸上の練習中なんだろう。

水曜日のお昼。。
ハンバーガにした。
フライドポテトを揚げるついでに、
蓮根のチップスも揚げたら。
そのままも食べたけれど。ハンバーガにも挟んでいた。
意外と美味しいらしい。「蓮根にそのソースをかけるの?」
と突っ込みたい気はしたが。。。

蓮根がここで手に入り出したのは、、ほぼ14、5年前からで。
アジア系食料品店のどこにでもあると言うわけではないが。。
大きな店に行けば売っている。。
蓮根を最初に見たときは。。おせちに酢蓮根が入れられると嬉しくて。
その前には乾燥蓮根を買ってみたこともあるが。。とても食べられたものではなかった。。
住み出した40年前ならすき焼きも鍋も白菜の代わりにサラダ菜を煮て。
醤油すら、大きな4リットル缶からワインの瓶に詰め替えてもらって買っていたのだから。
今は。。
品質さえ文句を言わなければ。。大概のものは揃う。
和風や中華風の料理をするのにはあまり困らない。
それにしてもたった20年かそこらでこんなにアジア系の食料品が揃うなんて。。
あっという間に。。様々な物が次々に増えていく感じで。
そのパワーには。。ありがたいのと同時にすごいなあと目をみはる思いだった。。

f0221050_07583022.jpeg

f0221050_08171265.jpg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-23 08:19 | ままごと | Comments(4)
f0221050_05444372.jpg

f0221050_05442688.jpeg

f0221050_05441330.jpg

午後5時。日没が始まる。。
もう真夏のようなギラギラした真っ赤な日没ではない。。
雲もかなり出ていて。。それに反射した光が余計に柔らかな感じがする。
この時間はひっきりなしに飛行機雲も出て。。空を縦横に彩る。。
見ているうちに。夜のとばりが降りてきて。。すみれ色から濃い紫に変わっていく様は。。
いつ見ていても見惚れてしまう。。

ちょっと前にとある人のブログに。。
「いい人」と言うタイトルが書かれていた。。
その「いい人」とは
「いい人になりたいからやってるのじゃないの」
と言われて落ち込まれそうになられた話だった。。

言った人も。言われた人も。。
その場の雰囲気はよくわかる。。

でも。。
よーく考えてみると。。。と。反芻人間の私は。しつこく。。
その上。充分に天邪鬼の性質も持っていて。。
「いい人」を志して何が悪い。
じゃあ。いい人がいけないのなら「悪い人」になる努力をするのか?と
言い返したい気持ちになる。。

相変わらず「屁理屈」なことばっかり考えている。。
と自分でも可笑しいが。
私自身は
人一倍、他者の欠点も見えているし。。指摘もできる。。
他者に対して意地悪もやろうと思えば人一倍上手にできる。。。だから。。
敢えて。。できれば意地悪はしたくない。。とずーっと思っている。と言うか心してもいる。

ただ人間には。置かれた立場によって。。
見る視点で裏も表もあって。。
自分がいいと思ってることでも他者から見たらひどく悪いことかもしれない。
だから本当のところは何が親切で。。何が優しいのか。。時々迷う。。
以前。ここに住もうとする人に手助けをしたことがあった。
後から考えたら。
もしも手助けしなかったら。。「ダメだったのよ」とその人が言い訳もできて。
住むのをやめられたかもしれない。
いいことをしたつもりが実はいらないお世話だったか。。と思ったこともある。

ま。それでも人間は関わりあって生きていくのだから。。
いい人も。。そうでない人も。。すごく嫌な人も。。悪い人も。。そんなことなーにも考えない人も。。
色々あって面白いような気もする。

。。と。。しつこく。。また。。綺麗な空を眺めながら。。
思っていた。


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-22 08:36 | 思う | Comments(4)
f0221050_08283468.jpeg

高野豆腐を炊いていて。
緑の葉ものをあしらいたいと、ラディッシュの葉を採りにベランダに出た。
ラディッシュも。もともと貝割れ菜で食べるつもりでプランターに密に蒔き。
大根が採れるなどと思わずにいい加減に蒔いて育てて、
残った葉も、使えることもあるかとそのままにしていた。
葉っぱを引っ張ってみると大根も幾らか付いてきて。
この時期だから片付けてもいいかと全部抜いたら、思いがけずにかなりの量に。
20日大根とは名ばかりの。。100日大根に近いのだが、
齧ってみると。さすがに抜きたて?硬くもなくすも入ってない。。
それこそ捨てるに忍びない。またまた。。勿体無い気持ちが出てきて。
綺麗に洗って大根の部分は漬物に。葉や茎は大根葉の煮物にした。
漬物は塩を薄く昆布を細切りにしていれ、大根のビール漬けの液を少しまぶして浅漬けに。
大根の煮物はさっと湯がいて、細かく切って、油で炒めてから出汁をいれてきんぴら風に。
炊き上がりに胡麻を炒ってたっぷりかけた。
この大根の煮物は姑の。。
姑が沢庵をつける時期にいつも煮ていた煮物と思うとなんとも懐かしい気がする。
高野豆腐に、漬物。大根葉の煮物に卵焼きを焼いて。。
黒豆ご飯をあしらい。箱に詰めてみた。
このご飯。。実は黒豆茶の出し殻で。残った豆をどうにも捨てられなくて。
カマルグの五分搗米に炊き込んだ。
すでに豆が炒られているから残り物とは思えないほど香ばしい味がする。
詰めた箱を眺めては。。「ぜーんぶ『勿体無い』からできた食べ物やなあ」と可笑しがりながらの。
夕飯でした。


f0221050_08285230.jpeg

f0221050_08290669.jpeg

[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-21 08:32 | ままごと | Comments(2)
f0221050_08424254.jpeg


f0221050_08425618.jpeg

夏の名残のベランダのトマト。
ここ一月ほど待っていてもどうも赤くなりそうにない。
葉は萎れ始める。。思い切って刈り取った。
小指の先ほどの小さなのからピンポン球ぐらいまでの見かけは綺麗な緑のトマト。

さてこれをどうしたものか。。捨てるには忍びない。
ピクルスにしようかなとは思いながら。見つけたレシピの青トマトのサラダを作った、
本来は砂糖を少しかけるそうだが。
白のバルサミコ酢には甘みがあるから塩だけにして。緑のトマトは薄切りに。
赤いトマトも合わせて切って。玉ねぎもごく薄切りにして水にさらし。
オリーブオイルをかけた、
緑のトマト。トマトの味こそしないが、シャキシャキして意外と食べられる。
とびきり美味しいものでもないが。。
捨てずに食べた気分だけでも。。いいかな。


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-20 08:45 | ままごと | Comments(2)

午後の。。

朝から体はだるかった。。
天気が悪いせいかな?
とは思いながら。
昼食に昨夜、友たちと食べたチキンビーンズを温めて。。焼いたパンも一緒に。
それは美味しく食べた。

午後になっても。。なんともシャッキリしない。
パソコンを開けて。。読んでいても眠い。。

グズグズしていてもしょうがない。。「なら寝ちゃおう。。」
ほんのちょっと横になるつもりベットに入った。。

猫がそーっと部屋に入ってくる気配に目が覚めた。。外はすでに薄暗い。。
あれまあ。。時計を見ると6時になっていた。。
4時間もぐっすり眠っていたのだ。。
それにしても猫も。。
礼儀をわきまえていると言うか。そーっと入ってきて。
そーっと机の端っこに座ってじーっと私を伺っている。
「なーにもしないで。。昼間に寝ることもあるんですねえ。。」と思っているのかどうか。。

ま。こんな日があってもいいか。。


f0221050_08294778.jpeg



[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-19 08:33 | 思う | Comments(2)

f0221050_10024836.jpeg


f0221050_10064466.jpeg

f0221050_10144430.jpeg

ここ数日10度を割る日が続いていて。。正真正銘の「冬」になってしまった。
朝晩は3度や4度の予報も出ている。
冷え込みがきつくなって。。
樹々もやっというか。それらしい色に変わりだした。。

マルシェに行ったついでに公園に寄った。
大きな公孫樹も黄色くはなっていたが。
いつものように金色の絨毯を敷き詰めるのはまだ早くて。
枝にびっしり今にも葉が落ちなんとしながら。。しつこく?落ちずにいる。
風が吹けばいいのに。。
そうすれば金色に舞う葉も見れるのに。。こんな時に限って全く風が吹かない。
枝を揺するわけにもいかず。
うまくいかないものだと思いながらも。。自然に逆らうわけにもいかず。。

半分ヤケクソ気味で、白樺や、クヌギの黄葉を写した。
これ本当にクヌギかしらと思いながら。。
夫がいた頃。。
森に散歩に行き。木の名前を「これ何や?」と尋ねられると。
適当に。櫟。楢。樺。楡。なんて答えたら。。
「お前。知ってる名前を全部並べてるのとちゃうか」と言われたことを思い出す。

マロニエや菩提樹。ポプラや桜。鈴懸ぐらいはなんとかわかるとしても。。
木の名前は難しい。

f0221050_10075213.jpeg

f0221050_10085291.jpeg

f0221050_10131224.jpeg

f0221050_10141805.jpeg


[PR]
# by fusk-en25 | 2017-11-18 10:16 | 季節感 | Comments(0)