煌めく光の中で


by fusk-en25

そば粉を。。

f0221050_07065909.jpeg


f0221050_07072179.jpeg

「モン・サンミッシェルに行ってきたのです」と
お土産にブルターニュ産のそば粉を頂いた。
ブルターニュ地方は小麦の出来が悪くて。
やせ地でも作れる蕎麦を植え、それでクレープを焼いて主食にしたと言われている。
昔は小麦が贅沢品で、
何かの時に。。それもデザートにちょっぴり白い小麦を使ったクレープを焼いたそうだ。
今は、グルテンアレルギーも問題になってきて、
その上に健康にもいいからとかえってそば粉も珍重されるようにはなってきている。。

もう30年以上も前になるが夏のヴァカンスを
ブルターニュの海岸で1ヶ月間送ったことがある。確かにパンはまずかった。
どこのパン屋で買ってもパンのあまりのまずさに、たまりかねて、
そこでパンを焼いたのが、私がパンを焼く最初だったと思う。

もちろんこの頂いたそば粉でクレープを焼いた。
家で種を挽いたそば粉は少しザラっとしているが。
さすがこの風車で挽いたと言われるそば粉。サラサラして。
クレープに焼いてもしっとりしている。
そば粉だけではちょっと軽すぎるので30%は5セレアルの粉を混ぜて。
粉125gに対し250ccのミルク。卵を2個。塩ひとつまみ入れて。
大さじ5杯のオリーブオイルを混ぜて。ラップをして3時間生地を寝かす。

あらかじめ温めたフライパンに生地を流し、この分量で12枚焼いた。
冷蔵庫に眠っていたハムとスライスされたコンテチーズを焼いたクレープにはさみ
チーズが溶けるまでまたクレープを弱火で温める。
たっぷりの紅茶と一緒に食べたら美味しかった。

ちょっと前に。。
古い写真をアルバムで探していて。。
こんな写真を見つけた。前述のブルターニュの海岸で夏のヴァカンスを過ごした時に。
焼いて窓辺に置いたパン。
このパンが、私の一番最初に焼いたパンだろうと思う。
紺屋の白袴で。家族写真を写すことは極端に少なく。
こんな写真が残っているのがまた珍しい。







More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-19 08:23 | ままごと | Comments(0)

朝から。。そして。。

f0221050_07314128.jpeg

フランスの天気を指して。「秋は長雨」と言われている。
秋はとっくに終わったのに。。もう真冬ですよと言える時期に。
「もうこれ以上降らないで。。」と言いたいほどに今年は長雨が続く。
つい最近パリに越してきた人が。
「パリ地方の冬はいつも雨かと思った」と言われた。
曇り日こそ多くても、こんなに毎日雨が降る年はまた珍しい。

そして今朝。。
晴れて。。そのまんまずーっとずっと一日中晴れて。。
いいなあ。。明るいの。。

いつものように、晴れればしょっちゅう「窓」から外を見る。
昨夜も夕飯を一緒にした友が。
毎回ブログに載せているお天気。
本当にあんなに夕陽や朝焼けが見えるなんて。。やっぱり12階だからでしょうか?
彼女の家は地上階。。
「あんなにお日様がしょっちゅう見えませんよ」とぼやかれて。
「私はしつこく見てますからね。。」たとえわずかな時間の晴れ間であっても。。

f0221050_07350093.jpeg

f0221050_07354593.jpeg


f0221050_07365266.jpeg


f0221050_07360413.jpeg


f0221050_07363280.jpeg

そしてまた、しつこく(?)今日の空。
まだまだ。雲は多かった。。
なーにもない真っ青な空もいい。
でもまた。。こんな風に様々な雲の間からぽちぽちと光り輝く太陽もまた素晴らしい。
なんでもないつまらないビルが。。映りこみを通してみれば
あたかも雲の間にそびえ立ち。
なんとも幽玄な気分にさせてくれる。。

ベランダ側の寝室に戻って見たら。。カーテンにこんなシルエットが写っていた。

いいなあ。。
晴れは。。

f0221050_07361855.jpeg



More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-18 07:49 | 空を眺める | Comments(2)

遊んで。。

f0221050_07341234.jpeg


今月生まれの若い知人がいる。
誕生日に何かプレゼントしたいと考えていた。。
どうせ大した物を贈るわけではないから
こんなものは
ちょっと話題性のある。それでいてニヤッと笑えるものがいいと思う。

どうしようかな?と考えていて。。
たくさん持っているリフォーム用のワイシャツを使ってみようと。。
「Pinterest」に載っていたワイシャツタイプのエプロンを縫った。

前開きの裾を縫って閉じようかと思ったけれど。
アイロンをかけるときに便利なようにわざとそのままにして。
お手本は後ろ紐で結ぶようになっていたが。。
紐はあまり好きでないから、
持ち出しをつけてボタンホールを開け、ボタンとめにした。
袖の部分で腕カヴァーも縫って。まだ余っていた布で細いシュシュも作る。

出来上がって。きちんと畳んで。
ぱっと見は
ワイシャツがリフォームされているとは思えないような包み方にして。。。
またまた私だけが遊んでいるなあと思わないでもないが。
ちょっと楽しい作業だった。

f0221050_07345891.jpeg


f0221050_07344230.jpeg


f0221050_07342880.jpeg



More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-17 07:44 | 手仕事 | Comments(2)

蓋だけでも。。

f0221050_09070215.jpeg


息子から払い下げられたスマフォ。
赤い皮のカヴァーがついていて。
3年近く使って手垢でかなりくすんでいた。
皮用の汚れ落としクリームで拭いてもそうも綺麗にならない。
カヴァーだけ買い換えようかと。。ネットを色々眺めて。。
あまり気に入ったものがない。

どうしようかな?このまま汚いのを持つのも嫌やし。。
と思いながら。思案はしていた。

カヴァーのカヴァーを作ればいいか?
布地は夫の大島の端切れがまだ残っていて。。それを使う。
皮のカヴァーにぴったりの型紙を取って、
蓋にキリキリになるように袋に縫ってぎゅーっと被せて見た。
端々の処理は手縫いでごまかす。
蓋のカヴァーはできたが。
裏底は布地を貼り付けるわけにもいかない。。そのままにして。。
蓋だけでも。。大島特有の手触りがいいだけでも良しとしよう。。

汚れたり擦り切れたら。。また作ればいいのだから。。


f0221050_09073300.jpeg




More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-16 09:14 | 手仕事 | Comments(2)

ひらひらと。。。



f0221050_07513655.jpeg

晴れ、気温10度。
空が明るいだけで。。もうそれだけでいい。。感じがする。
単純やなと苦笑もしながら。。
タオルを洗う。
別に今日でなくてもよかった。
でもせっかくの晴れ間。外に干すわけではないが。
真っ白なタオルがひらひらしているのは気持ちがいい。
しかも晴れている。。
トレイシー・シュヴァリエのフェルメールの物語「真珠の耳飾りの少女」の中に。
白いものを洗濯したら。もう少し長くお日様に晒すのがいい。
より真っ白に輝くと書かれていたのを思い出す。
昔の人は空模様と一緒に生きていたのだろうなあ。。きっと。
もちろん。今の私もお天気に気分が左右されて。。はいる。

夕方。5時48分。
日没が始まる。。
これももう空が赤くなるだけでいい。
でもアップにして。。見たら。
暖房の煙突のモクモクと水蒸気が上がっている横に真っ赤な飛行機雲がポッチリ写ってる。
実際見ている時には気がつかなかった。
あとで。。見つかるだけでもこんな赤さは嬉しい。

f0221050_07514922.jpeg

f0221050_07520252.jpeg

f0221050_07591106.jpeg


More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-15 08:07 | 住む | Comments(2)

いける。。

f0221050_08173008.jpeg

馥郁たる香りが部屋に満ち満ちていたヒヤシンス。
花の重さで茎が曲がり出した。。
今にも折れそうなので。。切っていけた。
いけた洗面所もまた香りに包まれる。。
一緒にいけたスイカズラの枝の先っちょが翌日なくなっていた。。
夜中に猫がかじったらしい。。

いけている黒のガラス瓶は。。
オリーブオイルの空き瓶で。
洗ってシールを綺麗に剥がして置いていたら。。友が来て。
「素敵な瓶ね」と褒められて。。
オイル瓶のリサイクルよと言うと。。羨ましがられた。

料理もそうだが。花をいけるために、
それ自体が完成された立派な瓶は、花をいける余地がない。
どこかに花を入れてもそぐうような、ちょっと足りないものがいい。
料理の器も同じことが言えないか?
あまりにも美しい皿や小鉢よりも。。
何か少し足らない感じの方が料理がはえる。と言うと。
窯元をやっていた舅は
「そらそうやけどな。。それでは商品にならへんがな。買う人は綺麗なものを欲しがるで」
と苦笑いしていた。


f0221050_08194842.jpeg




More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-14 08:22 | 草や花と遊ぶ | Comments(2)

色。。


f0221050_07481787.jpeg

朝早く。。所用でパリの真ん中まで行った。
朝早くといっても9時少し前だが。
曇り空だからか。。まだ通りは街灯も灯り。薄暗い夜を引きずっていて。
ブティックも開ける寸前の様子に。。街はまだ目覚めた感じがしない。
キャフェも早朝の混雑が終わったのか、店内もひっそりしている。

所用が2時間かそこらで終わり。。またキャフェに戻ってきて。
昼からは出張で北の街に行く息子とコーヒーを飲み。。
「帰るの?」「せっかく出て来たから、そこらをちょっと見ていく」と別れて。。
ちょうど冬のセールが始まったばかりの。。ブティックをぶらぶら見ながら。。
最終的にデパートに入った。
近頃は「セール離れ」をしていると言っても。まだ始まったばかり。。
いつもよりは混雑もしている。。

これと言って何を買うと目的があったわけではない。
フーッと赤いセータが目に入った。。
黒や紺。白。グレーにベージュ。こげ茶。濃いグリーンや
せめてからし色ぐらいのほとんど無彩色に近いものしかセータは着たことがない。
カシミヤ100%と言っても近頃の安いカシミヤ。
ほんの少し思っている赤の色より明るいが。ま、買ってみようか。
ついでに半袖の赤のTシャツと赤い目の茶の長袖のTシャツも一枚づつ。

こんな色合いのものを「私が」買うようになったのか?
自分ながら。。3枚を並べて。。
ちょっと不思議なような。。可笑しいような
気分にはなっている。。。

f0221050_07480588.jpeg




More
[PR]
# by fusk-en25 | 2018-01-13 07:54 | 散策 | Comments(4)